6時半頃、太陽が東の空から顔を出した。前夜の雨で空気がしっとりとしている。マサイ・マラの静かな朝。きっといつもと変わらない1日の始まりなのだろうけど、初めて見るものにとっては息をのむほどの美しさだ。

bg

1974年生まれ。都下在住。生きるということは「世界の解釈」、そのひとをそのひとたらしめるのは、その「世界の切り取り方」にあると思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください