ムパタ・サファリ・クラブの部屋から。夕暮れが近づくにつれ徐々に黒い雲が広がり始める。聞こえてくるのは、鳥の鳴き声、そして轟く雷鳴。やがて雨が落ちてきた。美しい景色を前に、ようやく一息つくことができた。

bg

1974年生まれ。都下在住。生きるということは「世界の解釈」、そのひとをそのひとたらしめるのは、その「世界の切り取り方」にあると思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください