sitebg ブログ

0

第2章:都の西限、双子の明暗 ~ 横田基地と立川基地~その3「関東計画と基地行政の原型」

Jリーグやコンサートとなれば多くのひとで賑わいを見せる、東京・調布市にある味の素スタジアム(東京スタジアム)。およそ5万人を収容するこの競技場をはじめ、アメリカンフットボールなどが行われるフィールドや、現在建設中の屋内プールなどを擁する新しいスポーツ施設、さらには広々とした公園、...

0

第2章:都の西限、双子の明暗 ~ 横田基地と立川基地~その2「基地の街から中核都市へ ── 立川の転身」

2015年暮れに「ららぽーと立川立飛」が立川市内にオープン。約9万4000平方mという広々とした敷地に250店舗を擁する、西東京を代表する巨大ショッピングセンターとして注目を集めている。 ところで、この「立飛(たちひ)」という聞きなれないネーミングが何に由来しているのか、どれほど...

0

第2章:都の西限、双子の明暗 ~ 横田基地と立川基地~その1「国道16号線のアメリカ」

東京都西部、福生市を中心とした5市1町にまたがる横田基地は、沖縄を除いた日本本土最大の米空軍基地であり、米第5空軍司令部をはじめ、在日米軍司令部、さらには航空自衛隊航空総隊司令部などが置かれる、日米双方にとっての重要な軍事拠点である。 そこから数km離れた場所には、かつて米軍の立...

日米同盟の軌跡と関連する世界情勢 0

第1章:日米安保の基礎知識

■アメリカの“武力の傘の下”での戦後史 国家の安全保障(national security)とは、「国外からの攻撃や侵略に対して国家の安全を保障すること。またその体制」と定義される。日本における安全保障は、アメリカとの二国間条約である日米安全保障条約(正式名称「日本国とアメリカ合...

0

前口上:東京にいて「平和憲法」や「沖縄の基地問題」を声高に訴えるバツの悪さ

■いつも通る道の裏 ある晴れた冬の日、近所のとある場所まで自転車で出かけた。 住宅街には場違いなほど鬱蒼と木々が茂った一帯があり、その光景を写真に収めながらトロトロと流していた。細い道の角を曲がった瞬間、目の前にいきなりお寺と思しき建物があらわれてドキッとした。 あまりに唐突な場...

0

「何かを理解したかのような気分」という病 ~ 蓮實重彦『齟齬の誘惑』を再読して ~

■ 東大生が理解できなかった、東大入学式での東大総長の式辞 この本を最初に読んだのは発売後間もない2000年頃だったか。「東大生が理解できなかった、東大入学式での東大総長の式辞」という当時の評判に“非東大生”が触発されたわけである。 当時20代半ばの自分がどれほどまで内容を理解し...

0

「非共感的」な原発問題を超えて 〜 武田徹『私たちはこうして「原発大国」を選んだ』を読んで 〜

■ なぜ、反原発デモに通ったのか 2012年6月からおよそ半年の間、毎週金曜日に首相官邸前やその周辺で行われている反原発デモに足繁く通った。 最初に訪れたのが6月15日。ちょうどこの運動の規模が拡大を続け、徐々にメディアでも取り上げられるようになった時期と重なる。翌週22日には主...

0

17万6400円も何に使ったのかという問い、いやむしろ目覚め ~ さよなら、憧れのクレジットカード ~

■幼少期の憧れ 子供の頃に憧れた大人の持ち物が2つあった。 ひとつは「アタッシェケース」。記憶は曖昧だが「秘密のアタッシュケース」という名前のおもちゃが欲しくてしょうがなかった。モデルガンやスパイ道具のような玩具を詰め込んだケースに、こんな頼れる道具(というかおもちゃ)を持ってい...

0

イメージに、頼る社会で、リツイート 〜 丸山眞男『日本の思想』を読んで 〜

■ツイッターは「イメージ」でつながり、「イメージ」で敵をつくる ツイッターで他人と議論できる人は、つくづく器用だと思う。 140字(ずつ)の発言で持論をまとめそれを伝え、また相手の主旨を的確に拾わなければならないのだから。しかも相手の素性は不確かなことも多く、だいたい独り善がりな...

0

『福島の美術館で何が起こっていたのか』を読んで

■ 震災・原発事故を語る、福島に住む人たちの等身大の言葉 『福島の美術館で何が起こっていたのか ── 震災、原発事故、ベン・シャーンのこと ──』という本の存在は、2012年の秋頃にツイッターのTLで知った。 「編集グループ〈SURE〉」という京都をベースに活動するグループから出...